全身脱毛でエステと医療を比較してみた

全身脱毛 エステ 医療

エステと医療機関における脱毛で違うことは、医師や看護師により施術をするのか、エステティシャンが施術をするのかです。もうひとつ違う点は脱毛方式で、医療脱毛は通常レーザー脱毛ですが、エステ脱毛はフラッシュ脱毛が主流になります。このような違いがあるので、全身脱毛の施術を受けるのならどちらが良いのかを考えてしまう方も少なくありません。

ただ、毛の濃さや質も人によって違いますし、どの程度の結果を望むのかにも差があるでしょうし、予算費用も人それぞれ異なります。そのため、一概に全身脱毛するのならどちらが良いと判断することは難しいので、それぞれのメリットとデメリットから判断するのもひとつの方法です。

医療脱毛は、医師がいる施設でしか使用が許可されていない出力の高い機器を使うので、永久脱毛が可能という点がメリットのひとつです。また、出力が高いレーザーを使用するので、ムダ毛が濃い人でも短期間の施術で、全身脱毛を完了することができます。それから、医師や看護師が施術するので、万が一施術によるトラブルが発生しても、適切な治療をすぐに受けられるのもメリットです。

一方デメリットは、費用が高額になることで、特にサロンと違ってキャンペーン割引がほとんどないため、どうしても高額な費用を用意しなければなりません。また、人によっては施術で強い痛みを感じてしまうこともあり、痛みがデメリットのひとつとして考えられます。しかし、必要に応じて表面に塗る麻酔をしてくれるなど適切な対応をしてくれるケースが多いので、一概にデメリットなるとも言えないです。

一方、サロンでのフラッシュ脱毛のメリットは、激安キャンペーンなどが数多く実施されていて、費用が安く全身脱毛を決断するハードルが低いことです。また、フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と比較して出力を抑えた設定になっているため、痛みが弱く敏感肌の方でも施術を受けられます。それから、やけどなど何らかのトラブルが生じるリスクが低いですし、肌に対するダメージを最小限に抑えた脱毛法というのもメリットです。

デメリットは、出力を抑えた弱い光を何回もあてることで効果が得られるため、効果を実感できるまで長い時間がかかってしまうことです。また、サロンには医師が在籍していないので医療行為ができないため、万が一のトラブルに対して対処が遅れてしまうことがデメリットになります。一概には決めつけられませんが、医療脱毛は効果は高いが費用も高い、エステ脱毛は効果は劣るが費用が安いといった違いがあると理解しておくと良いです。