光フェイシャルとは

光フェイシャル



光フェイシャルとは、皮膚に光(レーザー)を照射してお肌のトラブルを改善する施術法です。エステサロン、美容クリニックなどで施術を受けられます。光エステという名称で呼ばれることもあり、施術内容は同じですが、いくつかの異なる波長の光をあてることで、お肌の抱えるいろいろな問題に働きかけます。
また、光フェイシャルの施術を受ければ、顔のくすみが取れて顔色が明るくなります。ファンデーションがお肌にしっかり密着し、化粧のノリがよくなります。光フェイシャルの効果はそれだけではありません。シミやそばかすなどの色素沈着を薄くする美白効果もあります。また、コラーゲンの生成を促すことで、ハリとつやのあるお肌へと導きます。さらに、回数を重ねることでリフトアップし、たるみが改善されます。ヘモグロビンに吸収される波長の光をあて、赤ら顔を改善することもできます。お肌の状態を改善するので、さまざまな肌トラブルにアプローチできるのが光フェイシャルです。

光フェイシャルはターンオーバーの周期に合わせて、基本的には月に1回の頻度で施術を行います。光を照射する時間は10〜20分程度です。レーザーをあてると聞くと「痛いんじゃないか」と心配になりますが、カメラのフラッシュをたいたような感覚で、それほど気にならないでしょう。感覚はそれぞれ違うので、中には少し温かく感じる人やピリピリと感じる人もいますが、大きな痛みはありません。それでも心配な方は、サロンのキャンペーンや体験コースで一度経験してみるとよいでしょう。