脱毛が完了する回数は部位によって違います

脱毛完了 何回



脱毛が完了するまでには何回の施術が必要なのかって気になります。回数によって、料金はもちろん通う期間にも差が出てくるからです。
完了というのは、どのくらいの効果を目指すのかによっても解釈が違ってきますし、部位によっても違いますが、おおよその回数を体の部位ごとにあげていきます。

【ワキ】6〜16回、【腕(ひじ上+ひじ下)】5回〜12回、【足(ひざ上、ひざ下)8〜18回、【背中】12〜20回、【うなじ(襟足)】6〜12回、【Vライン】6〜12回、【Iライン】6〜18回、【Oライン】6〜12回、【顔】6〜10回です。

これらは平均的な回数です。毛の量や質によって個人差がありますので、あくまでも目安だと考えてください。

脱毛効果は体の部位によって違います。基本的に毛が太い部分、ワキ、アンダーヘアなどは効果が早く感じやすいのですが、腕や背中など毛が細く薄い部分は効果を感じにくくなります。脱毛施術の効果が出てくるには、毛の濃さ、毛の質などによって変わります。また、肌の色が濃い部分も施術効果を感じにくくなります。それは照射する光が肌の黒い面で吸収されてしまい、毛根まで届きにくくなるからです。ですから、Iラインなどは毛がなくなりにくいのです。

脱毛は毎月施術に通うことができません。皮膚の表面に出ているムダ毛は全体の3割程度で、残りの約7割のムダ毛は皮膚の中にあり成長を待っている状態です。それが2〜3カ月の間に皮膚の表面に伸びてきます。これを処理するため、毎月通っても意味がなく、2〜3カ月に1回というペースで施術を受けます。

ですから、脱毛のコースは最低限の回数で設定されていると考えることができます。実際にどのくらいの期間通うのかは、自分の希望に合わせて選びます。もっと早く効果を実感したいと思う方は、医療レーザー脱毛がよいでしょう。サロンでの脱毛よりも早く効果が出ます。ですが、医療脱毛は料金が高い、クーリングオフできない、痛みを感じるなどのデメリットもあるので、どちらがよいか、それぞれのメリットデメリットを考えて決めましょう。