脱毛の月額制にはデメリットがたくさんあった

脱毛 月額制 デメリット



月額制の全身脱毛が、気楽でお手頃ということから注目と人気を集めていますが、利用する際に確認しておくポイントがあります。また、デメリットと考えられる点もたくさんあって、回数制の方がお得になることもあるので、安易に選択してしまうのは要注意です。

それから月額料金プランには、終了回数を決めずに毎月会費を支払うプランと、終了回数を設定してその総額を月額で割る料金システムの2タイプがあります。この2タイプにもそれぞれデメリットと考えられる点があるので、それも含めてどのプランが自分にとってお得で適しているのかを選ぶのが大事です。

毎月会費を支払う月額制の最大のデメリットは、施術を受けられない月であっても決まった月額金額の支払いが発生してしまうことです。比較的時間に余裕のある学生さんなどは毎月通うことは不可能でありませんが、20代のOLさんは仕事が忙しい時もあるのでそうもいかないこともあります。

また、VIOは生理中に施術を受けられないため、いつでも予約をすることができないので、毎月通うことが難しくなることもあるのです。それから1度施術した部位は2〜3ヶ月空ける必要があって、全身を施術するパターンで異なりますが、何もしない月が出てくる可能性があります。このようなことからトータル費用にすると回数制の方が月額制よりもお得になることもあるので要注意です。

全てのサロンではありませんが、月額料金プランが脱毛サロンに足を踏み入れるハードルを下げるプランになっているケースもあります。気楽でお手頃というイメージから、サロンに足を踏み入れるハードルが比較的低く感じる女性も少なくないのです。しかし、実際には月額という分割払いであったり、他の分よりも不利な条件が課せられる場合があったりして、それが大きなデメリットになることもあります。

また、サロン側としては、そうした月額料金制を希望する見込み客に対して、回数指定のセットプランを提案して勧誘するといった悪い点もあるのです。ただ、トータル的に安くなるケースもあるので、一概に悪質な勧誘と判断することはできない点もあります。

いずれにしても月額制プランを利用するのが悪いというのではなく、デメリットとして考えられる注意点があることを理解して利用を検討することが重要です。まとまった費用を用意できない人や、ローンが組めない人などにとっては、全身脱毛を試せる良い料金プランと考えられるので、適切な判断をすることをおすすめします。