全身脱毛ってどこまでが施術範囲?

全身脱毛 施術範囲

エステサロンやクリニックの広告やテレビCMで、近年目にすることが多くなってきているのが全身脱毛という言葉です。その言葉の意味を素直に考えると、ムダ毛が気になる部位全ての脱毛が受けられると言ったイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、実際には広範囲にわたる脱毛の施術が受けられるという意味で、この言葉を使用しているのです。では、実際にエステサロンやクリニックにおける全身脱毛ってどこまでが施術範囲なのかは、検討している方にとって大きな疑問になります。

実は、全身脱毛ってどこまでが施術範囲なのかは、エステサロンやクリニックによって様々で、サロンが決めた部位に限られるのです。そのため、デリケートゾーンであっても、Vライン・Iラインは含まれるが、Oラインは含まれていないといったケースがあります。また、えりあしが含まれない場合もあって、いくら自分が気になる部分であったとしてしも、施術範囲に含まれていないと脱毛することはできないのです。

エステサロンにより全身脱毛ってどこまでが施術範囲なのかは、全身という意味をどこまで含むのかというサロンの考え方によります。その考えの元になっている大きな理由は、脱毛方法によって施術しやすい部位と、しにくい部位があるという点です。また同様に効果が得やすい部位と得にくい部位があるからで、どのような脱毛方法を実施しているエステサロンなのかにより違いが生じてきます。特に顔やVIOのように特別なケアをしないと肌トラブルが生じる可能性がある部位や、効果が得られにくい部位については、施術範囲から除外されることもあるのです。

このように対象部位や範囲に違いがあることを知らないで契約してしまうと、含まれていない部位があることが後になって判明して後悔する可能性もあります。また、別契約をする必要が発生して費用が膨らんでしまうことも考えられるので、エステサロンを選ぶ時には全身脱毛ってどこまでが施術範囲なのかを事前に確認することが大切です。

それから、どのような手順で全身になるのかもエステサロンで違いかあって、一度に全てを行う、何回かに分けて行う、部位ごとに終わらせるなど異なります。一度で全身の施術をするケースもありますが、通常は全身を2パーツから4パーツに分けて、それぞれのパーツごとに脱毛するのが一般的です。どのような手順で脱毛するのかは、施術期間・肌トラブルが起きた時の対処・部位の組み合わせなどに関係してくるので、この点も合わせて確認しておくこともおすすめします。